神戸・大阪の催眠療法(ヒプノセラピー)・前世療法・禁煙セラピーは 神戸臨床心理オフィス こころの専門家 臨床心理士が対応 三宮駅から北へ徒歩3分





うつ,催眠,ヒプノ,カウンセリング,神戸,大阪,臨床心理士


HOME > 催眠・イメージ療法(ヒプノセラピー)セッション案内

催眠・イメージ療法(ヒプノセラピー)

【催眠・イメージ療法(ヒプノセラピー)】

 セラピストの誘導のもと,ゆったりとしたリクライニングチェアにて,
心地よくリラックスした催眠状態に入っていただきます。
その上で潜在意識(無意識)に働きかけ,様々なイメージワーク等を行い,
新たな気づきや,問題の改善,気分・意欲の向上などを図ります。

 催眠とは,催眠術等の名称で,TV等で放映されているような怪しいものではなく,
精神分析のフロイト等も携わった歴史ある心理療法のひとつです。
 催眠状態・変性意識状態とは,心身が深くリラックスした状態を指します。
その状態になると,日常の理論的な顕在意識(意識)に代わって,感情やイメージ力に富んだ潜在意識(無意識)が優位になっていきます。
その特性を上手に用いて,潜在意識(無意識)に働きかけ,様々なワークを行い,問題解決を図るものが,催眠療法(ヒプノセラピー)です。
 また,催眠そのものは,自律訓練法(自己催眠の一技法)に代表されるように
安全・快適なもので,意識も明確にあり,意思に反して秘密を暴かれたり,
心を操られるような危険性も一切ありません。
 また,セラピストが,クライアント様の身体に触れることも一切ありません。
 イメージとしては,広く普及しているヨガや禅・瞑想に近い状態,或いは,健康的な深い心身のリラックス法のひとつだとお考えいただくとわかりやすいかと思います。

このように安全な催眠なのですが,セラピーが初めてで催眠状態に入ることが出来るのだろうかという不安を
感じられる方も多いかと存じます。
それにつきましても,経験豊富なセラピストが,丁寧に誘導しますので御安心下さい。

【当所の催眠・イメージ療法(ヒプノセラピー)の特長】
 当所は,日本でも数少ない臨床心理士による催眠・イメージ療法(ヒプノセラピー)を実施しているルームです。
 催眠・イメージ療法において,催眠誘導よりも,はるかに重要なのは,
セッションの中核となるセラピー部分です。
 当所では,催眠下で様々な心理療法と組み合わせた働きかけを行い,
効果的なセッションを図ります。

【催眠・イメージ療法(ヒプノセラピー)のメニュー】
1 症状,不安・恐怖等の気分,悪癖等の問題改善   
 催眠下で,様々な症状の改善を図ります。
暗示やリアルで具体的なイメージワークにより,改善を図ります。
心因性の身体症状全般,及び,気分,感情,恐怖,思考パターン等が,対象となります。
成功イメージの未来療法と組み合わせることもあります。
 また,効果的なセッションとするため,フォーカシング,リフレーミング,
ゲシュタルト療法,行動療法,認知行動療法等の心理療法を適宜織り込みます。
 2回セッションの「禁煙療法(禁煙セラピー)」も,好評いただいております。

2 年齢退行療法  
 暗示療法とともに,催眠・イメージ療法としての中心の方法となります。
 御自身の過去に遡り,過去の自分を催眠下で再体験し,
セラピーにより,問題の原因の解決,軽減を図ります。
親との和解や,過去のわだかまり・心の傷等の克服が代表的な例です。
 年齢退行催眠は,かえって過去の心の傷を露出し,症状を悪化させる危険性もあると
欧米等で指摘されていますので,当所では特に慎重に細心の注意を払って行っております。
 (お問い合せの際に,他の療法をお勧めすること等もございますので,前もって御了承ください。)
 また,他の催眠療法と組み合わせることも多い方法でもあります。

3 前世療法  
 前世療法は,年齢退行よりもさらに過去にさかのぼって,前世の自分を催眠下で体験していただき,
そのご自身の物語を通じて,新鮮な気づき,及び,癒やされた感覚を得ることを目的とします。
 この深く納得した「腑に落ちる感覚」の実体験が前世療法においての大きな成果です。
 目先の苦しみや堂々巡りの考えから抜け出し,人生の目的や,置かれた状況,ご自身の性格,現在の人間関係等,大局的・俯瞰的な捉え方ができるようになる方が多くおられます。
 
 ところで,「前世は本当にあるですか?」という質問をよくいただきます。
当然ながら,前世の存在は証明されておりません。
 しかし,実際に前世療法のセッションを体験された多くの方が,イメージの中で
現在の自分の人生とは,異なった人生を体験されます。
 解釈的には,年齢退行療法が潜在意識下の実際にあった過去の問題を想起する方法に対し,
前世療法では,潜在意識にある自己のイメージが,より良い自分を目指して,
見るべき物語として形を変えて具象化されるものだと考えております。
 換言すれば,「前世」という言葉を用いるよりも,「夢」のような強力な無意識(潜在意識)が創り出す物語と考えることが適切なのかも知れません。

4 GIFT ゴール・イメージ・フォーカシング・テクニック(願望実現,症状改善等)  
 明るい成功体験の未来を催眠下で,あたかも実際の出来事のように実感していただき,
将来に対する明るい展望と,暗示療法も加えたモチベーションアップを図ります。
 そして,実現可能な具体的目標をスモールステップで段階的にクリアし,
具体的な目標に向けた行動を,その日から実際にスタートすることを目的とします。
 貴方の夢,目標の実現など,人生を変える大きな転機になることも少なくありません。
 また,(1)の「症状・不安・恐怖等の問題改善」に使用することにより,不安状況等を,
それを克服した達成目標に置き換えることで,暗示療法にさらなる効果が期待できます。

※催眠・イメージ療法(ヒプノセラピー)は,正当な心理療法の一技法です。
 セッションをできるだけ効果的なものとするため,事前カウンセリングをしっかり行い,
 実際に催眠状態とその効果をご体験していただくようにしております。
 その上で,具体的な催眠・イメージ療法に入っていくことを基本としております。

よろしければ,「セッションを受けたご感想(お客様のご感想)」のページをご覧下さい。
Please Click ↑


 うつ,不安,恐怖,催眠,ヒプノ,スピリチュアル,神戸,大阪,臨床心理士